工場や倉庫の改善をご検討中の方

「動線見える化ツール」で

現状把握を強化をしませんか?

CAPDoはPDCAの順番を変えて「C」を最初に持ってきた改善サイクル手法。改善の前に現状を把握することで、改善サイクルが回りやすくなります。

CAPDoの要ともなる「Check」の現状把握。改善活動や新規設備導入をするためには、しっかりと業務の「今」を見据えて、課題を発見することが大切です。

「動線見える化ツール」は、現状把握を手軽に行えますので、現状把握のための1つの手段として便利にご活用いただけます。

また、当サイトのブログでも技術ノウハウを発信していますので、興味がある方はぜひご覧ください。

最近の記事

動線見える化ツールの

利用シーン

生産効率の改善に!

改善活動前の現状把握をはじめ、改善前後のタクトタイム分析や作業バランスの把握にご利用いただいています。

部品供給の効率化や渋滞の削減、標準作業の見直しに必要な情報を収集することができます。

新規設備導入の効果測定に!

新規設備導入前に作業者の滞留状況や移動ムラを把握しておくことで、設備導入時のレイアウト検討に役立てていただけます。

新規設備以外にも、安心・安全を目的とした作業者とフォークリフトの作業エリア分離など、さまざまなシーンで利用できます。

統括部門での活用に!

設置工事不要で柔軟に測定場所を変更できるので、統括部門で多くご利用いただいています。

全国各地の工場や倉庫を回りながら手軽にデータの取得・分析を進めることができます。

その他のコンテンツはこちら

3つの特長 >
ツールの構成 >
導入フローとご提供方法 >
導入事例 >
よくある質問 >

資料請求とお問い合わせ

\1分で入力完了!/

無料で資料ダウンロード >

もっと詳しい話が聞きたい方はこちら

より詳細な情報が知りたい、無料1DAYトライアルをやってみたい、導入について相談したいなどありましたら、ささいなことでもどうぞお気軽にお問い合わせください。

導入する予定がない方に、しつこく営業することは一切ありません

今すぐお問い合わせ >

お問い合わせには迅速に対応いたします